guranotime

趣味全開

FacebookよりTwitterより、mixiが良かったと思うんだよ僕は

f:id:gurano:20160606050751j:image

そうだよ。懐古厨だよ。
 
 
僕が高校入学と同時にはじめた、人生初のSNSが「mixi」でした。
 
iphoneが発売されてからまだ年が浅く、まだスマホを持っている人が少なかった時代。大半はガラケーでした。LINEすらなかった。メールだった。
 
スマホのクソ法外なランニングコストを負担できないが、いちいちパソコンを開くのは面倒、ということで、wifiに繋ぐipodtouchが主流だったあの時代。スマホの勢いに押されて、ほんの一年ほどで終わったあの時代。
 
その当時は、mixiが隆盛を極めていました。
親も友達も、みんなやっていたので、それに続けと、入学と同時に続々と始める人が多かった。ipodtouchにアプリを入れて、主にお家だけで楽しんでた。
僕もその一人でした。
 
純粋に。とても楽しかった。
 
mixiでの友達は主に、同じ高校の同学年と先輩だけ。
まだ学校では話したことがないけれど、友達になって、mixiで絡んで、現実的でも友達になるという、逆のコースも存在していた。
 
基本的に家で暇な時はいつも、mixiを覗いて。誰かの投稿にコメントするとすぐに返信が帰ってきて、その投稿自体がチャットルームになる。LINEがなかった当時、ずっとキャリアメールばかりやってきた僕達にとって新鮮でした。
 
mixiには、「つぶやき」と「日記」の二種類の投稿があって、「つぶやき」をしている人は基本的に暇なので、互いによくコメントし合っていました。「いいね」みたいなのもあったし、押すこともあったけど、コメントの方が多かった気がする。
 
mixiは、しかし、残念ながら、高校二年生になる頃に廃れていきました。
原因はmixi自体ではなく、他のSNS
 
LINE、TwitterFacebookの台頭。
 
思うに、mixiが広く浅くカバーしていた部分を、それぞれのSNSが専門性を伸ばしつつ、ユーザーを奪っていった、と言えるでしょう。
 
LINEは「チャット」がメイン、グループごとに話したり、無料で電話もできる。
Twitterは「つぶやき」がメインで、また爆発的な拡散力がある。趣味を通して、他人と簡単に繋がることができる
Facebookは「日記」で、なおかつ実名登録ですべての友人を管理できる。Twitterと同等に拡散力もある。
 
mixiになかった、グループチャット、電話、それから拡散という点を、それぞれのサービスが、それぞれ特化してカバーしていきました。
 
最初はmixiでいいじゃんと思っていた皆も、上記の専門性のメリットに加え、周りが始めるからという後押しもあって、それから、いよいよ一人一台スマホの時代の幕開けもあって、続々とLINE、TwitterFacebookに流れていきました。高校二年生の、たった一年の間で。
 
気づけば誰もmixiをやっていませんでした。僕の右ポケットにもiphoneが入っていました。大学生になりました。
 
世間はSNS病、スマホ依存症、なんていう言葉でにぎわい、
今日もよく知らんグループの業務連絡だけが行き交うLINEと、
バカ発見器の名を恣にしている上つぶやいても何も通知のこないTwitterと、
中年ばかりで投稿には躊躇するし、シェアで回ってくる下らないメディアがTLを支配するFacebookが、
僕たちを悲しい気持ちにさせます。
 
でね。思うんだけども。
 
mixiが良かったと思うんだよ僕は。
 
ということで、今から何が良かったかしっかり書くから。
書くことによって何を得られるわけでもないし、他のSNSのシステムが変わるわけじゃないけど書くから。書くぞ。いや、あわよくばmixiSNSとして奇跡の大復活を遂げるか、Facebookが奇跡の大変化を遂げるか、してくれたらすごい嬉しい。
 

投稿の内容と雰囲気

mixiは「つぶやき」「日記」ふたつの投稿システムがあるとは述べましたが、ぶっちゃけもうよく覚えてない。何年前だよマジで。つぶやきは確か文字制限があった気がする。ここはホントにしっかりTwitterFacebookに分かれて持ってかれた。やっぱアメリカ企業は強いぜ。
 
Twitterは140文字以内という制限を駆使して、いかに面白いこと言うかみたいな、素敵な文化がある。すごく面白いと、拡散されて、たくさんの人に面白いと思われる。「面白い」だけじゃなくて、顔が可愛いとか、役に立ったとか、絵がうまいとか、なんでも拡散される、いいね、してもらえる。プロも素人も関係ない。"なんでも博物館"みたいな所だ。いいと思う。いいと思うけど、それ故、皆の自己顕示欲と承認欲求が暴れだしている。Facebookも同じ。
 
mixiはそんなことなかった、とは言わないけど、知らない人まで拡散されることが無い分、下手に他人に承認欲求を刺激されることはなかった。純粋に、知り合いの近況だけを見る場所だったから。
 
あと、長い文章での近況報告などがメインのFacebookを、短文つぶやきに使うとヒンシュクを買うことがある。というか少なくとも僕のヒンシュクを買ってる。FacebookTwitterみたいに使わないでほしい。クソ長文と、クソ短文が混じってるの、読む側としては、嫌だ。3000文字のブログを見たあと、3行のブログを見て鼻血が出るほどムカツく、それに似てる。やめてほしい。やめてほしいけど、ここは使い方に個人差がある。特に制限はないから。三行でも、別にいいのである。それがFacebook。やめてほしい。
 
その点日記、つぶやきがきっちり分かれているmixiはサイコーでした。本当にありがとうございました。
ちなみにまだアカウントは消してないから、きっと高校時代のクッソ黒歴史日記も残っていることだろう!やったぜ!
 

会話のシステム

Facebookにはまあ文句ない。AさんがBさんにコメントしましたとか表示される機能は、どうかと思うけど。
問題はTwitterなんだけど、Twitterはまったくない会話に向かない。
まず会話が全部タイムラインに表示される。何だそれマジで。邪魔で仕方がない。最近ちょっと変わったけど、まだ十分じゃま。
 
そして会話が、枝分かれする。とんでもない。
説明しにくいんだけど、mixifacebookは、投稿に対してコメントと、コメントへの返信がある。全て破壊その投稿の中の階層で行われる。のに対して、
Twitterはリプライに対して、リプライで返していくスタイルで、一対一の会話ならいいけど、複数人だと返信のタイミングによって、誰かのリプライが無視される形になったりする。本当にやめてほしい。僕だよ。無視されるのは。そうだよ。やめてくれよ。

f:id:gurano:20160606065536j:image
 
紹介文とかいう茶番
 
mixiにあった紹介文という謎システム。人にどう思われているか気になって仕方ない、そしてお世辞と建前の文化にあった、日本人らしいシステムだと思いました。
 
当然お褒めの言葉ばかり、その人がいかに素晴らしい人間かを書きまくって、自分にも書いてもらうという超絶慣れ合いの茶盤制度だったけど、一周回って、良かった。いかに面白い紹介文を書くか、みたいな風潮もあったし、何しろ承認欲求をダイレクトに満足させてくれる素晴らしいシステムである。っていうか「いいね」ってやめない?そうやって何でも数で表示するの。もっとコメントとか、文章を通して温かいやり取りしませんか?
 

拡散しなさ

そして最後。拡散しなさ。
ぶっちゃけスポンサーにとっては、拡散しないSNSなんてカスでしかないし、有名になりたい一般人にもチャンスは無い。だけど、変なことで有名になるバカッターみたいなことも無いし、そもそも有名になりたい、とか、知らない人からもいいね欲しいとか思うきっかけも減るのだから、問題ない。
 
あと、シェアやリツイートでクソみたいなリンクやら動画やらが回ってくることもない。いや、ほんと、僕もクソみたいな動画を投稿させて頂いているので誠に申し訳ないんですけれども、なんやろな、本来、それはそれで、別のソーシャルメディアがあると良くない?
 
友達の近況報告と、新製品ニュースと、芸能ゴシップと、知らない一般人のおもしろ映像が、一度に流れてきてカオスを極めている。全員のリツイートとシェアを、オフにすればいいけど、そういう問題じゃないんだぜ。
 
 
 
良かった点。以上です。
 
 
何度でも言うけど、mixiは(少なくとも僕の使い方では)、純然な友人間だけのサービスで、同時にリア友における暇人のたまり場だった。それが、居心地よく感じられる最も重要なポイントだった。
 
そう、リア充生活を過度にアピールするというより、暇な人によるチャットという使い方がメインだったかもしれない。
 
チャット部分はLINEに持ってかれて、もちろんLINEの方が便利だけど。
誰がいつ暇かは分かんないし、mixiは友達でさえあれば、そのかいわれ参加できたので、オープンだったと思います。まあこれは、Facebookにも似たところはあるけど、チャット感はあんまり無い。
 
まあ最終的に言いたいことは、mixiっていいSNSだったよねっていう事と、
しかし残念ながらもう誰も使ってなくて、悲しいということです。
 
でも会社としてのmixiの最近の営業利益を見ると、一時の失速からゲーム「モンスターストライク」で持ち直しているらしい
ベンチャー企業らしい柔軟な戦略ですね。SNSも一時の大赤字からは復活しているとか。FacebookTwitterに嫌気が差した人が、戻ってたりするのかな。
 
色々書きましたけど、FacebookTwitterも素晴らしいサービスだと思います。これ全部無料で使えるなんて信じられないくらい。最近ではインスタとスナチャが、若者の間でメインのSNSになってきてるようですが、僕はもう心がオッサンなので、様子見します。隆盛を極めたmixiにも終わりがあったように、他のサービスもまた然りだと思いますが、今後、どうなっていくんですかね。色々と、楽しみです。