読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

guranotime

趣味全開

ストックホルムに行ったので写真貼ってく(part2)

旅行 PENTAX Q7

さて!ストックホルム旅行パート2です!パート2で終わると思います。

前回は一日目ちょっと街歩きして景色を見てホテルにチェックインした所まで書きました。

ホテルはガムラスタン南の船着場に浮かぶ一艘の小型客船をホテルに改造したもので(おそらくです)、甲板に登って写真も撮れました。OKかNGかは知らない。

 

ちょこっと休憩を挟んでから、ストックホルム一有名な観光名所(?)、ヴァーサ博物館に向かって歩き出します。バスで行きたかったけれども、乗り方がいまいち分からなかったので歩きました。我ながら全く役に立たない旅行記だなと思います。まあ歩いても40分ほどだったし、街並みもよく見れたのでよしとしましょう。疲れたくなければやめたほうがいいです。普通に。

 

途中、ガムラスタンに戻ってきました。普通ヨーロッパの観光地(パリやローマなど)というのは、観光客をターゲットにしてありとあらゆる悪さをしでかそうとする輩がいるものですが、ストックホルムではほとんど見かけなかったなあ。平和だ。

だいたいどこに行っても怖い、または面倒な体験ばかりしてたので、心が洗われるようでした。物価が高いし寒いから犯罪者も寄り付かないのだろうか。

王宮。運がいいと兵士が交代する瞬間を見れます。

港ですね〜

ドデカイ船がバンバン停まってるというよりは、小さい船が多い。かわいい。

距離あるのでガシガシ歩いていきます。

博物館がたくさんある島につきました。

ヴァーサ博物館もそのうちの一つ。なんでも大砲が重すぎて処女航海中に沈没したアホ軍艦を、そっくりそのまま海から引き揚げて再現したもので、迫力満点です。ロマンがあります。

チケット売り場のすぐあと、いきなりドーン!とある

メチャクチャ格好いい。

すごE

館内暗めなので、シャッター速度とISOあげで対応しましたよ。

装飾。近世っぽいですね。

船尾から。

博物館内はWifiが使えますし、ベンチがたくさんあってゆっくりできました。一人でウロウロ歩いてると写真撮ってくださいと言われる率がハンパではないのですが、正直暗かったので出来は微妙です。この博物館内では自撮りとかしなくてもいいと思います。

 

さて博物館を後にして、ガムラスタンの王宮まで戻ってきました。

途中売店でホットドックを買ったのだけれど、アレッ?と思うほど小さいのが700円で、切ない気持ちになりました。きっと北欧価格なのだろう(適当)

兵士の働きぶりを観察する人々

ノーベル博物館の前に来ました。ここもガムラスタンでは有名な一角で、よくポストカード等に使われる風景のようです。

決して暖かくはないのに積極的に外でコーヒーを飲むヨーロッパ人たち。

ノーベル博物館は残念ながら閉まってました!残念すぎる笑

仕方ないのでもう少しガムラスタンをうろつくことに

いい雰囲気ですな〜〜〜

この街にレトロの原付がとても似合っている。よい。

また塔。にしても午前の雨から打って変わって天気良くなってきてる。

海辺に戻ってきました。

完璧に晴れた。ということで、見晴台アゲインです。レッツ登山。

ノーベル博物館は入れなかったけど、そのぶん良い天気のもと綺麗な景色をたくさん見れたので全然良かったです。

 

のぼるのぼる

晴れてる!

夕方6時頃でしょうか。さすが北欧めちゃくちゃ明るいです。そしてめっちゃ晴れてる!

フジファブリックのクロニクルというアルバムが大好きなんですが、挿入曲はここストックホルムで録音され、またストックホルムという名前の曲もあります。ここで今回ストックホルムに来た一番の目的でもあるストックホルムストックホルムを聴く」というものを達成しました。写真もうまく撮れた。

まだ日没まで時間があったので、スーパーに行きました。

一人旅の欠点として、たまにレストランへ一人で入ると断られることがあります、と聞いたことがあります。なんですかね、アジア人だからかもしれないけど、でも確かに一人でディナーしてる人って全然いないから、そういうものなのでしょうか。そもそも僕には一人でレストランに入る勇気なんて無いんですけども。ということで一人旅派の僕はスーパー等で食べ物にありつくことになります。将来ちゃんと結婚しようと思います。

シリアルのレパートリーがえげつない。

パンを購入(夕食)

本日三度目の見晴台、一番晴れてた。

昼間みた強いおばあちゃんの如くパンをむさぼる。ここで2組ほどに写真撮影を頼まれる。いやあ、パリだと障害者のために署名と募金してだの(詐欺です)、アフリカのおまじないグッズ買ってだの迫られましたが、ストックホルムは写真撮影だけです、基本。いいですね〜彼女さんやお子さんがいても安心して来れると思いますよ。

ちなみにこの写真、午後8時頃だったとかな。明るすぎる。対して冬の暗さを想像すると背筋が凍りますね。そりゃ鬱になるわ。

 

朝も早かったのでこの日は早めに寝ることにしました。

 

そして翌朝。

ホテルで朝食ビュッフェ(パン・ベーコン・チーズとサラダ、とても基本的なもので美味しかったです)を平らげ、中央駅まで歩く。

残念ですがミュンヘン行きのフライトの時間が迫っていたので、ストックホルム2日目は何もしてません…!

まあ今回は下見程度に捉えて、ぜひ大人になってから一週間くらいかけて堪能したいと思います!その前にストックホル厶人の友達作りたいな。

行きと同じ会社のバスで、ストックホルム・アーランダ空港に向います。こちらは50分くらいで着きます。寝てたら一瞬です。

バス乗り場のトイレに行ったら現金のみでしたが、ユーロも使えました。使えましたが、20ユーロ札しかもっていなかったため、そしてトイレ番の兄ちゃんがコインしか持ってなかったため、すごいことになりました。まあ一ユーロコインはどこでも重宝するので、よいでしょう。

あっという間だったストックホルム

アーランダ空港です。ストックホルム周辺では最大規模の空港ですが、なんかゴチャゴチャしてる印象でした。

降りるとこ、乗るとこ、免税店が一斉に介しているといいますか、まあ、ゴチャゴチャしてました笑 そういえば今回あんまり北欧デザインと触れ合わなかった。 

間取りや仕組み自体は非常に簡単だし、電光掲示板も見やすかった。

ノルウェー・エアライン、ミュンヘン直行便です。

隣の席が赤ちゃん2人連れのママで、明らかにスウェーデン語喋れない僕にやたらとスウェーデン語でコミュニケーションを取ろうとしてきて、それは無理があるなぁと思いながら、なんとかジェスチャーで、邪魔だから他の席に移動してもらえませんか?と言われていると判断し、移動しました。赤ちゃん2人は大変そうやな。

飛行機は何の問題もなくミュンヘンまでつきました。ちなみにこれもLCCですが、4000円程度でした。コペンストックホルムが安すぎて霞んでしまうけど、異動距離を考えたらこれで4000円ってどういうことよ、と思います。本当にありがとう。

 

さてこれでストックホルム記はおしまいです。はやすぎ? まあ、一泊2日だったもので笑、ほとんどザックリとしか見ませんでしたが、でもすごい好きだった、ストックホルム。安全だった。綺麗だった。英語が問題なく通じた。街全体がギリ徒歩圏内だった。そんなに見るものがない分(失礼)、落ち着いて過ごせた(でも、大事だよ)。

女性の一人旅でも全然問題なさそうだし、ヨーロッパ行ってみたいけど観光客の犯罪が怖い、権威付けられたものには興味がない人には強くオススメします。逆に、旅行=たくさん見なきゃな人には向いてないかも?ゆっくりのほほんと生きる北欧ならではをぜひ楽しみましょう!

今回はこれで。また以前行ったところを書いたり、次はヘルシンキに行くのでそのことについて書いたりしようと思います。あと旅行以外のこともね。それでは!