読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

guranotime

趣味全開

ストックホルムに行ったので写真貼ってく(part1)

旅行 PENTAX Q7

こんにちはguranoです。

はじめまして。初記事です。中学生の頃から興味があって沢山のブログサービスを転々としてきましたが、こちらに落ち着きたいと思っています。もう大学生です。よろしくお願いします。が!堅苦しく挨拶したところで最初のうちはアクセスもないだろうし、続けられるかどうかも分からんので、自己紹介はこれにて終わりにします。

 

そして早速記念すべき一記事目、スウェーデンストックホルムに行ってきたので、写真を貼っていきたいと思います。イェー!北欧!

ボキャブラリー貧弱で申し訳ないんですけどスゴイよかった。平和だった。きれいだった。また行きたい。最高っすね。

 

出発はデンマークコペンハーゲン空港。時間がないので残念ながら一泊と激短。帰りはミュンヘン空港にしました。日本から行く手順はよく分かりません。フィンエアーかな?やっぱり。ヨーロッパを色々めぐりたかったら、ヨーロッパ留学かワーホリが最強です。

 

コペンハーゲン空港からストックホルム・スカブスタ空港までヨーロッパで最も有名なLCC・RYANAIRに乗っていきます。スペシャルなリミテッドチケットだか何だか知りませんが、なんと5ユーロ(680円程度)という頭のおかしい値段でした。飛行機だぜ?飛行機。さすがヨーロッパはスケールが違うよな。

ただ日本のIPアドレスで購入するとやたらと高価格になったりするので、僕はやったことないしリスキーですが、ヨーロッパについてからチケットを購入するという手段もあるかもしれませんね。自己責任で。

 

まあLCCだろうがレガシーキャリアだろうが、墜落するときは墜落するし、エコノミーならどこも一緒なんじゃないですかね? と、言いたいところですがRyanAirは一味違います。サービスの水も出ません。それからご気分が悪い時にご使用するあの袋もありません。ので、自分で持ち込みます。気を付けてください。削れるところは削っていくスタイルがひしひしと感じられますが、大学生の貧乏旅にはとてもありがたいです。

 

コペンハーゲンから2時間程度でスカブスタ空港につきました。この空港は、パリのボーヴェ空港と同じく中心街から遠すぎることで有名。実に80㎞。この周辺に住む人がストックホルムに行くとしたら、それはすでに小旅行であると言われるほどです。交通手段はバスのみ。2時間、2000円程度かかります。でも飛行機チケットが600円だったので全く文句なしです。成田だって結構遠いしさ。

 

空港は最低限といった感じで、 人も少なく落ち着いていました。

 

このバスに乗ってストックホルムの街まで行きます。チケットは空港の出口のカウンターで購入し、乗車時に運転手に見せます。Wifiもあったっぽいけど、車に酔うので使いませんでした。

席は自由席で、そんなに混んでなかったので、思い切りリクライニングさせていただきました。

天気予報は残念ながら雨だったので、悲しみに暮れながらいざストックホルムへ。まっすぐニョキニョキした木と、岩がゴロゴロ転がってる印象でした。小学生並みの感想だな。

 

街に近づくとちょっと晴れ間が見れたので、期待度が高まる。

 

二時間後。ストックホルム、中央駅前着。帰りも空港(帰りはアーランダ空港でしたが)までこのバスを使おうと思ったので、チケット購入場所等を確認しにうろついてみる。

バス停(なのかな?)構内です。バスチケットはここで買えます。カード使えます。

北欧はヨーロッパの中でも屈指の治安の良さで有名で、アジア人(日本か、韓国かな?)の女の子が一人でスーツケース片手に歩いていましたが、たぶん全然大丈夫なんだと思います。シンプルにお顔が可愛かったのでよく覚えています。エヘ

 

ドイツフランスではあまり見かけないセブンがある。デンマークのセブンにはYakitori(めっちゃ旨い)が売ってましたが、こちらには無かった。パンとか買えます。お酒はなかったかな?

うーん!曇ってる!雨よりはマシだけども!

場所によっては晴れ間が見れたりして、なんだか変な天気です。デンマークもそうだったのですが、雲りの部分はすごい曇ってて、晴れてるとこはすごい晴れてる。北欧の天気なのかなこれが

僕が留学している場所が控えめに言ってもクソ田舎なので、やたら大都市に感じる。仙台くらいだと思う。仙台行ったことないけど。黄色いタクシーっていいですね~

 

中央駅です。バス降り場から歩いて5分ほど。

 

こういう屋根の形ってヨーロッパっぽいですよね。

これからホテルまで歩くので、一応トイレに行ったのですが、ヨーロッパの公共トイレは十中八九有料です。10SKKでした。カードで払えました。マエストロカードで払ったのですが、トイレ掃除のおじさんにずっと「マエストロ」って呼ばれました。「マエストロ、そこ個室あいてる」「マエストロ、ここで手洗えるよ」とか。過保護かな?

それから駅の喫茶店でサンドイッチを購入し、歩きながら食べることに。70SKKくらいでした。書きながらですらスウェーデンクローナのレート知らないんですけど、うん、トイレの七倍しました。やっぱ高いのかな、全体的に。

 

駅の外。

オブジェ。

微妙な天気。

向こうに見えるのが「ガムラ・スタン」という、ストックホルムの旧市街です。なんでもスタジオジブリ魔女の宅急便のモデルになった街だとか。

どこ撮ってもオシャレだなマジで。

島に上陸しました。

うおお かっこいい!ね!

車通りが少なく、落ち着いた雰囲気でした。好き。

日本料理屋さんを見つけました。将軍てwww

ヨーロッパのこういう裏路地の雰囲気よいですよね。イタリアとかパリだと怖くて入れないけど、ガムラスタンは全然平気そうです。夜は怖そうだけど。

で、ガムラスタンはとりあえずサックリ通過して向こう岸に着きました。天気が良くなってきてる!

向こう岸の方はもうほんと山ばっかり。ご老体にはキツイ。が!街歩きの基本として、山があれば登ったほうがよいのです。だいたい見晴らしいいところに巡りあえたりするからさ。今回も期待。

のぼるのぼる。

個人的には、こっちのほうが魔女宅っぽく感じました。

あんまり人がいない。

楽しげ。

さて!期待通り、見晴らしの良い高台に着きました。トリップアドバイザーとか、観光名所は紹介してくれるけど、こういう場所はそんなに教えてくれません。なので、こういった見晴らし台にたどり着くのは難しいのですが、コツとしては、とにかく高いほうに進む、何か面白そうな裏道、小道があれば勇気を出して行ってみる、ということです。この高台も通りからは少し外れた場所にありましたが、この景色を見ずに帰るわけにはいかないでしょう↓

ドーン!

いやあ!ストックホルムですねえ!

半分くもってるけど、雨じゃなったのと、半分は晴れてるので僕はとても嬉しいよ!

泊まるホテルは船ということだったので、この中のうちどれかに泊まるのでしょう。と思いながら撮影した写真。

チェックインまで少し時間があったので、30分ほどこの高台でぼーっとしてみましたが、完璧には晴れませんでした。

頭の中でユーミンの「優しさに包まれたなら」をリピート再生しました。あと隣で地元民のおばあちゃんがガッツガツとサンドイッチ食べてた。強い。

晴れたらまた来ようということで、ホテルに向かって歩きはじめる。ホーンテッドマンション的な建物。

獣の道をゆきます。(ドッグランがあったので、犬のお散歩コースだと思います)

ホテルに着きました。完全に船です。ログインホテルです。

チェックインは簡単な英語で。朝食付き。料金はクレジットで前払い。チェックアウトは無言でカギを受付に置いてけとのことでした。良いシステムだと思います。

一泊1万円程度(クッソ高い!!)ですが、ドミトリーで盗みにあったら確実に被害1万円じゃ済まないし、保険みたいなものでしょう。

船なので、ちょっと揺れてました。丸窓の船感がヤバい。北欧デザインを期待してましたが、壁にも地図が描いてあったりと、船!という感じでした。トイレもお風呂も何も問題ありませんでした。寒かったけど、ヒーターもついてたので無問題でした。

 

さて文字数が3千文字突破したので、中途半端ですが今回はここまでにしたいと思います!また後日!